あなたの会社の宣伝部! 広告マーケティングのコンサルティング

札幌の新オフィス 着々工事進行中!

札幌オフィスの拠点「タツロービル」は、今年7月竣工予定です!

1階にはいよいよ当社の経営による「グっとくる.保育園」が開園します!
まだハードルもありますが、多くの皆様の応援を背に一つ一つクリアしていきます!

写真上は、旧タツロービル。
写真下は、新タツロービルです!


190421

当社の大切なビジネスパートナー、
ファシオネさん主催の勉強「fサロ」@川口市! 
この「ものつくり企業」の勉強会は、土曜の日中「昼飲み」付きで開催されています! 
で、この「昼飲み」なかなか良いです!! 
エスコムでも今度なにかやってみたいです(笑)・・
なにが良いかと言いますと、
お酒付きのリラックス感に、
酔ってはいけなという自制心の葛藤心!
講師のお話も「グっと」きました〜!!
僕の出番も増えそうで楽しみです!!


この数々の試作品・・・(失敗作)
でもいよいよドイツの展示会でお披露目です!!
当社のお手伝いもこれから!

モノ創りは、ファシオネさんのフィールド
当社が「コト創り」役としてマーケティング全般を担います!






マーケティングオートメーション

ある意味 あるクライアント様に対しては 商社的な動きをしていると 我ながら思います。

〜販促キャンペーン
〜SNSマンガコンテンツ制作
〜管理職様向け人材研修

などなど、何屋さん? と 聞かれますが、 商社といえば わかりやすいかも知れません。
こうした商社的な動きは、ある1社様に対してだけの取り組みですが・・・


MAなんていうのも、その一貫です。
MA=マーケティングオートメーション という 新型のマーケティング手法ですが、
いや、新型とは言えないかも・・初めて耳にしたのは、5年くらい前でしょうか。

たとえば、メールをお送りした会員に対して、その会員の行動に応じたそれぞれの
パターンでリマインドを自動的に行います。
これによりCVが劇的に向上します!

もちろん、非常に複雑で思慮深く考え出された仕組みです。

月額数十万円の利用費がかかりますから、地方の顧客には手が届きにくいサービスです。
一方首都圏では、本当に浸透しています。
首都圏でデジタルマーケをやっている方々は、みな優秀で、早いです!

もっともっと頑張らないといけません・・




More Value Plus  ===============

長井 伸樹 nobuki.nagai

株式会社エスコム
〒062-0933
札幌市豊平区平岸3条6丁目1-49
 タツロービル
tel 011-799-0882  fax 011-799-0883

===============   www.escom.bz


「グっとくる.」ブランドで前進します!

当社はこれから
「グっとくる.」をブランド化して業務を推進して参ります!
現在ブランドロゴを制作中です。

「グっとくる.」ブランドのベースは情熱です。

その仕事に情熱を込められる事、その証が「グっとくる.」ブランドです!

そして新しいコーポレートスローガンとして

『グっとくる.コミュニケーションを!』掲げて参ります!

現在アクティブな「グっとくる.」ブランドは、

「グっとくる.SKI Club」です!

当社のメインコンテンツWEBサイト構築サービスも

「グっとくる.WEBサイト」としてリニューアルします!

「グっとくる.保育園」「グっとくる.EC」 など次のアイデアも思案中です!

随時発信して参ります!
宜しくお願いいたします。

日本のモノ造り! 大好きになってきました!

今回は埼玉県春日部市の金属プレス加工会社で創業80年を超えるのM社様へ。

会社は大きくありません・・ 何百人も何千人もは働いていません!
ですが、その技術と想い・誇りは素晴らしいです!
特に「絞り」といわれる技術には、他社様に絶体負けない自負をもたれておりました!

とは言え、企業ですから成長し続けなければなりません・・・
どのように、全国と世界の方々に認知して頂き、訪れて頂くか・・・
そういうプル型戦略をイメージしてしっかりとサポートさせて頂きます!

さらには、得意分野に特化した、オリジナル製品の開発にも進んでいくのでは!
とても楽しみにです!!

因みに使い込まれたプレス機は50年くらいの耐用だそうです!

Support by fusione with Brandeee

人材育成研修 by エスコム

写真は倫理法人会で一緒に学ばせて頂いております人材研修講師の山﨑先生です。
この度ご縁で、東京のクライアントの人財研修を当社でコーディネイトさせて頂きました。
1月、2月、3月に合計三回開催の管理職様向け研修です。
お陰様で受講者様からのアンケートにも非常に好意的な感想を頂いております!!
ありがとございました。
山﨑先生は、もの凄く『熱い!』です!
全てのお客様へRecommend!!

本業務は当社の兄貴会社である株式会社エスコムで受託した業務です!

すべてのお仕事は、私達のスローガンに基づきます!

 『グっとくる.コミュニケーションを!』

コンサルティング業務スタート!

この度東京の企業様とコンサルティング契約を締結します!
正式な契約書面の取り交わしは後日ですが、最初のビジネスMTGは2/26からスタートします!!
当社の新しい試みですが、とてもワクワクします!!

我々の提供するサービスは概ね下記の通りです!!

■契約書の重要部分の抜粋■
=基本業務内容=
〜貴社及び貴社サービス/商品のマーケティング戦略ディレクション。
〜貴社及び貴社サービス/商品のクリエイティブディレクション。
〜貴社及び貴社サービス/商品のWEBディレクション。
〜週1回の出社にて業務推進。
〜上記の実現に必要な各種制作業務(別途実費必要)。

=短期特別プロジェクト(2019年3月1日〜5月31日)=
〜「○○○EXPO」出展に伴うマーケティング業務。
 ・別紙作成のT0 Do リストに基づく各種製作業務ディレクション。
 ・EXPOを通じたマーケティング戦略立案と実行サポート。
 ・KGI達成の為の業務全般の立案・実行サポートと実行。

〜貴社サービス[A]のバージョンアップ業務。
 ・サービス[A]の改善立案とディレクション。
 ・サービス[A]のレポート画面の改善立案とディレクション。

以上

このような内容です!
30年間の経験の全てを注ぎ、クライアントのビジネスの飛躍に一助となるべく覚悟をもって取り組みます!

因みに、クライアント様が提供するサービスはとても素晴らしく、世界に羽ばたける実力を持っていいると思います。

顧客を知る!

先日のとある勉強会での話です。

あるメーカーさんは、30代女性向けのネット通販で大きな成功をおさめました。

そこで次のステップとして、ターゲット世代を20代と40代へと広げて、新たな販路拡大に乗り出しました。

あるアパレルメーカーは、難しいとされるメンズのネット通販で30代向けの少し「イケイケ系」の衣料を販売して成功していました。

そこで次のステップとして、自社顧客の顧客分析を進めて「・・や・・・が好き」というペルソナを把握。

なんと、同じ顧客層に現在では中古車(顧客層の望むカスタマイズを施して)の販売をはじめたそうです。

結論から、

前者のメーカーはターゲット拡大戦略は失敗に終わり、
後者のアパレルメーカーのバックエンド戦略は成功したそうです。

なにが違ったのでしょうか?

それはアパレルメーカーが、顧客に聞き、顧客を知り、自分たちの顧客が喜ぶ商品を提供したからです。

一方のメーカーは、全く違う顧客層にアプローチしてしまい、広告コストが激増し採算に乗らなかったようです。

この話を後で聞くと、それなりに当たり前な話しです。

しかし、現実ではそれぞれがそれぞれの戦略の結論に達するまでのプロセスや時間は相当なものであることに違いありません。

相当量の議論や時間を投資して出された戦略。にもかかわらず、結果は失敗か成功に分かれます。

成功のポイントは、自分たちのビジネスにいかに一貫性を持たせるかに尽きるといいます。

そして業界ニッチNO1を目指そう!!

先日はこんな勉強をさせて頂きました。

ありがとうございました!!

SNSマンガ

JALの公式Twitterに投稿されている、客室乗務員さんの裏舞台を描いたマンガで「JALCAマンガ」です!
当社とwwwaap社の協同作業による作品です!
2018年12月17日第一弾、12月19日第二弾公開されています。

好意的なコメントも多く寄せられていて、それぞれに約400のリツィートと約1,500の「いいね」を頂きました。
ありがとうございます! 続編に期待します!
当社では、このようにSNS系の企画も行っています!
どうぞご相談ください。

デザイン・ブランド〜三笠高校生レストランESSOR

当社でロゴマークをプロデュースさせて頂きました、三笠高校生レストランESSOR(エソール)!
本日はプレオープンでお招き頂き、調理部の部員高校生が創った和食御膳を頂いてきました! 
クリエイティブ仲間のCさん曰く、天ぷらで一番難しいナスもしっかり美味しく揚げられていてとても美味しかったです!!

三笠市は札幌からだと、富良野・美瑛への通り道でもありますし、三笠ジオパークもあったりで見所いっぱいです!来週7月22日が本オープンです。ぜひお立ち寄りくださいませ!!

マーケティング〜Society5.0

[ Society 5.0 ]は、以前にも紹介したことがありましたが、概念的な紹介であったと記憶しています。昨日は東京からNTT社のO氏がご来札されて、ある会にてSociety 5.0に関する卓話をして頂きました。当日の進行が少し押してしまい、講義時間が非常に短く残念だったのですが、非常に具体的な内容でしたのでご紹介したいと思います。

まず「そもそもSociety 5.0とは?」これを確認してみましょう!写真のとおりですが、

狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く新たな社会を指すもので、第5期科学技術基本計画において我が国が目指すべき未来社会の姿として提唱された。

というふうに内閣府のホームページで紹介されています。
↓ ↓ ↓
www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/index.html

政府広報でも分かりやすく紹介されています。
↓ ↓ ↓
www.gov-online.go.jp/cam/s5/
 
さて、多くの我々日本人は、個人情報の扱いに関して非常にナーバスな感情をお持ち出ないでしょうか?個人情報保護法の下、企業側にも厳しい管理体制課せられています。

ではところで、普段当たり前に使っている「Google Map」などのアプリを意識したことはありますか?AppleやAmazonも同様ですが、こうした便利なサービスの利用はもはや日常生活の一部と化しています。

ところが、こうしたサービスを利用した時の個人データーがすべてアメリカの企業側に渡っているとしたらどう思いますか?これらのデータは実際にアメリカに渡り、彼ら(Googleなどの企業)の成長の大きな原動力になっているとしたら・・・・実際こうした個人情報の活用が急激な企業成長を成せた主たる要因だそう。O氏の卓話は、冒頭からこんなショッキングな事実から始まりました。

[ Society 5.0 ]は、こうした情報を、日本であるならば、日本で活用して、国、地域の発展のために活用しよう!という側面があるということです。ですので、僕がそれまで抱いていた[ Society 5.0 ]に対するイメージ、「ICTやAIを駆使して、人手不足を補い、暮らしを便利にする」という解釈をしていましたが、それだけではなかったと理解を新たにした次第です。

そして、ここ札幌ですでに先進的な実証実験が行われており、成果も出ている事例を伺いました。我々の行動データがシステムで管理されマーケティングに活用されることの是非はさておいて・・大きな考えとして『デジタル トラスト』(という表現を使っていました)を構築するものです。

〜企業と市民と団体

〜IoTやAIなどの技術

〜主に企業が持つBig Dataと公共インフラ等のOpen Data

〜観光も交通も小売りも

〜医療も教育も文化もエネルギーも環境も防災も
 
こうしたすべての「組織」「情報」「技術」を共有すべく自治体等が主体となり” Digital Trust ” を形成して活用する。一見難しいのですが、要は全部纏めてみんなで活用しましょう! まずは「協調領域」を形成し、その先に「競争領域」があると。で、これを分野毎に応用するわけです。
 
たとえば、インバウンドに対して。札幌のインバウンドの実態把握に関してこれまでは、

〜札幌市は、空港入国記録、空港でのアンケート調査、宿泊施設からの報告をもとに推計を出していた。

〜札幌市観光協会は、雪祭りなどで人の手によるカウントを行っていた。

〜商業施設では、免税システムを個別導入で外国人の購入金額は把握できるが、既存のPOSとは連動していない。
 
などなど、どうみてもバラバラで、実態の把握にはほど遠い現状。そこで、Dataを出し合い、実態を可視化して、札幌全体でインバウンド市場拡大のアクションを展開したいと、【 札幌市関係団体の合意が形成された 】

何をしたかというと、

【人流Data】
・SAPPORO CITY Wi-Fi 
・携帯基地局Data 
・GPS 
・SNS(Twitter等)
=データソース===========
札幌市、NTT

×

【購買Data】
・免税システム〜国籍、品目、金額等
 
 
 
=データソース===========
百貨店、ドラッグストア、商業施設

※これらは社内の機密情報で決して外部に出す事の出来ない情報です。これらのDataを出し合い、共有して、分析する。

文字だけで説明するのは非常に難しいのですがバッサリと簡単にお伝えすると、これにより『外国人観光客がどこで何をしているか?』ということが把握できて、それに対する効果的なプロモーションを実施することで、非常に精度の高いアプローチが可能となり大きな成果をだすことに成功した。と言うことです。

もう少しきちんと説明出来ればよいのですが、凄いの一言に尽きます。

マーケティング〜SNSマンガ

彼、中川君と最初にあったのは、今から概ね8年ほど前に遡ります。彼が当時勤務していたS社の札幌支店開設と同時に、若くして支店長として赴任してきました。

その後東京に戻り海外勤務を経て独立した中川君の近況はFBを通じて知ることが出来ました。あるときFBのタイムラインに中川君の投稿が入ったので懐かしく想い、「今度上京したとき会いませんか?」と僕・・、彼も快諾してくれて会うことに・・、でもただ会って懐かしがっても、一円にもならないから、「僕のお客様に営業にいく?」と僕、再び快諾の彼・・

ほぼ2日間をついやした営業のお陰で、現在3本のお仕事を受注しています!!中川君とのご縁を繋いでくれたFBに感謝!中川君とスタッフの皆様に感謝!僕のアポイントを快諾してくれたお客様に感謝!そしてご発注くださいましたお客様に大感謝!!でございます。

© Copyright Brandeee all right Reserved.